トライアンフ歴代のSpeed Tripleの中でもっともパワフルでアグレッシブ、そして、かつてないほどの高い敏捷性を備えている新型Speed Triple RS(スピードトリプルアールエス)がついに登場。

アグレッシブで、俊敏で、堂々とした佇まいのSpeed Triple。1994年にTriumphからデビューした初代NEW Speed Triple RSパフォーマンスの進化が頂点へ!!

Speed Tripleは、パフォーマンスネイキッドのカテゴリーに「メーカー製ストリートファイター」というジャンルを確立した立役者となりました。

パワーとハンドリングと機能性のバランスが理想的であるSpeed Tripleは、まさに新世代Triumphの顔。そのSpeed Tripleが最新鋭の装備をまとい、最高にパワフルなマシンに生まれ変わりました。今回新登場したのはRSモデルは、最上位モデルに相応しく、史上最強スペックを誇ります。

もちろん、理想的なバランスは踏襲。そして、元祖ストリートファイターの魂も受け継いでいます。

特徴1.Speed Triple史上最高のパワーとレスポンス、秀逸なサウンド

- 大幅刷新された3気筒1050ccエンジン、105個の新パーツを採用
- 出力は150PS、トルクは117Nmに向上
- 力強い回転と良好な吹け上がりでTriumphの3気筒らしい特性を強化
- 排気の流れがスムーズになった新設計サイレンサーで磨きがかかったエキゾーストサウンド
- Arrow製スポーツサイレンサーをSpeed Triple RSに標準装備

特徴2.Speed Triple史上最高にスマートな最先端技術を搭載

5インチフルカラーTFTディスプレイ搭載、ライディングモードは最大5種類
- 操作しやすいスイッチハウジングはLED付き
- 新設計の慣性計測ユニットを採用し、新設計のコーナリングABSとコーナリングトラクションコントロールをSpeed Triple RSに搭載
- クルーズコントロールなど、ハイスペックな充実の装備。Speed Triple RSにはキーレスイグニッションも搭載。

特徴3.Speed Triple史上最軽量で最高のハンドリング

- シャープでスキがなく俊敏なハンドリングが向上
- アルミニウム製ツインスパーフレームと片持ち式スイングアームが特徴的
- サスペンション、Brembo製ブレーキ、Pirelli Diablo Supercorsaタイヤなどハイスペックな装備
- ライダーの乗り心地を向上

特徴4.Speed Tripleらしさ溢れる佇まいとこだわりの仕上がり

- 高光沢のホイールと新デザインのサイレンサーなど、クオリティの高い仕上がりとディテール
- コンテンポラリーな新カラーと新デカール
- カーボンファイバーを採用した軽量ボディとマット仕上げのアルミニウム製リアサブフレームがSpeed Triple RSの特徴

Speed Triple史上最強のパワーとレスポンス、秀逸なサウンド

新世代Speed TripleのRSモデルではエンジンの大幅刷新と最先端技術の搭載により、パフォーマンスの強化と軽量化を実現しました。105個の新パーツが全回転域での出力アップとトルクアップに貢献。スムーズでリニアなパワー伝達を叶えます。

最高出力は先代より7%向上の150PS、最大トルクは4%向上の117Nmとなりました。エンジン性能を強化するため、軽量化した新設計のクランク機構をはじめ、Nikasilメッキのアルミニウム製シリンダーライナー、小型化したスターターモーター、軽量なバッテリーとオルタネーターなどを採用。ピ
ストン形状の見直しとシリンダーヘッドの排気ポートの最適化によって排気の流れをスムーズにしたことで圧縮比が上がり、出力の向上につながりました。

サンプも新設計とし、エンジン内のオイル液面の位置を低く抑え、引きずりの減少と重量配分の改善を図りました。オイルは新たなオイル経路を通り、ヘッドガスケットからシリンダーヘッドに流れ込むため、従来のオイルパイプは廃止。すっきりとしたスタイリングとマスの集中化が可能となりました。

Triumph MotorcyclesのチーフエンジニアStuart Wood は次のようにコメントしています。

「新型Speed Tripleのエンジンには大幅な改良を施しました。その結果、エンジンの回転が速くなり、従来より長時間の高回転が可能となったため、レッドゾーンは先代モデルを1,000 rpm上回ることとなりました。Triumph 3気筒エンジンの特性がさらに高まり、キビキビとしたスロットルレスポンスをもたらし、3気筒ならではの深みのある咆哮を響かせます」

より軽く、新たなレベルに到達した技術の粋を集めた、現代のトライアンフの伝説は全くの別次元へと進化しています。日本での発売は2018年春以降を予定、メーカー希望小売価格は未定です。ぜひお楽しみください。

This article is a sponsored article by
''.